「よきお隣りさん」その10 原画展レポート②

   戻 る












































































































































 



















































































































































































































  戻 る




   

  こんにちは!ピクシーです。今日は前回に引き続き、原画展の様子をじっくりレポートいたします。


           1           19

  今回は版画絵本「よきお隣りさん~散歩道の精霊たち~」 の原画展ということで、絵本の内容に沿った形で展示さ

 れています。少年の「ぼくは散歩にでかけた」という言葉から始まる物語とともに、皆様にも森の小道を散歩している

 ような気分を味わっていただけたら嬉しいのですが。

  まず中央のオブジェに架かっているのは、絵本の表紙になった「ツキヨニアソブ」です。


       3    3

  そして、木を守るように佇むのは、絵本の最初に登場する精霊、ギリードゥーです。
  
                     4  
                    





 「朽ちかけた木も 年老いた木も
                 
 伐らせはしない それがお役目」
 

  
  
ギリー・ドゥー 木を守る妖精






  木の下には不思議なものが色々とありますよ。これは本物の鳥の巣に、本物の卵の殻。

  さてお隣りは、緑の瓶のなる木でしょうか!?


           16      17


  いろいろな精霊たちに出会いながら散歩道を歩いて行くと、そこにはたき火跡がありました。旅人たちは今 どこへ?

           6      5

         「こっ てりとした脂身に包まれて つややかな淡白い肌の光沢

                        バターよ バターよ 盗み食いの味はひとしお」

                                 バッテリー:スプライト:食料室の精霊


  かくゆう店主は大のバター好き。この詩にはやけに実感がこもっているようですね。

  木の根方にだらしなく座り込んでいるんはだれでしょう?


7     

     

 「不平不満をぼやくのは 

  悪いことじゃないさ

   不平不満があるのに

ぼやかないことこそ悪いのさ」

   

   バリーボッグ:泥炭湿地の番人





   さらに歩いてゆくと、不思議な場所へ迷い込んでしまいました。そこは“ガリトラップ”という円形の罠ですよ。お気

 を付けください!


            10       11

             「暗 い森から出られない 何度も何度も同じ場所

                   慌てて崖から落ち るなよ はまり込んだな妖精の罠」

                              ピクシー:いたずら好きの妖精


  ここはもともと更衣室だった部屋を利用して、わたくしピクシーが仕掛ける“迷い道”を表現しています。ふふふ。

 鏡に映るたくさんのわたくし。どうなっているのか、おわかりになりますか?

  さらに道を行くと、うっそうと茂る笹の中に、黒くて小さいものがうずくまっています。


                13        14

        「僕 が誰だって? 小さな悪魔さ  君の心にもひそんでいるよ」      

                                  インプ:悪魔に分類された妖精


  レプラコーンは靴を片方しか直してくれない偏屈な靴職人の妖精。かわいい妖精サイズの靴が仕上がったようです。


                   14

                       
  ホワイトレディーは穀物の精霊。横には2mもありそうなライ麦が架かっています。これは工房の庭で育てた、刈り

 たてほやほやのライ麦です。まだ青々とした香りがしますよ。

              


                       15

  無気味な形の炭や枝。この不穏な雰囲気の主はバーバ・ヤガーです。


         16      16    

               「失 うのが恐ろしくて 始める事が出来ぬなら

                       火種をやろう 恐れを焼き尽くすための」

                                バーバ・ヤガー:石臼に乗って飛ぶ魔女


       18     18


  左は工房の庭から出土した石斧。店主は縄文時代のものだと言い張っておりますが・・・本当でしょうか?

  右は去年収穫したお米の稲束。上に貼ってあるのは、少年の版画のイメージが決まるまでの変遷です。

  長い散歩を終えて家に帰ると、家付き妖精のブラウニーが暖炉の火を絶やさずにいてくれました。


               17      17

                「人 間世界のそばにいる パンを一切れ ビールを少々

                 供えてくれ れば役に立つ 俺を呼ぶなら名前じゃない

                 “よきお隣 りさん”とそう呼びな」

                                    ブラウニー:家付き妖精


  こうして少年の不思議な散歩は終わりました。少年と共にこの道を歩いて下さった皆様、心より感謝申し上げます。

  初日にはオブジェの木の葉っぱが青々していましたが、最終日にはだいぶ黄色く色付いていましたよ。まるで絵本の

 世界と同じように、四季がめぐったみたいですね。

  


                      17

    

     

     

           

       ←その9                                   おわり
                
                  
  
             このHPの画像と文章の著作権は総て製作者に帰属します。  Naoko Ota

inserted by FC2 system