よきお隣りさんの目覚め

    戻る



  





































































































  HOME

 
  こんにちは!ピクシーです。現在、諏訪地方は6年に一度の御柱祭りで大賑わい。そんな中、県境をほんのちょっと

 行った山梨県北杜市高根町にて、太田二郎多色摺り木版画展よ きお隣りさんの目覚め」がひっそりと始まっており

 ます。会場のギャル リ・イグレグ八ヶ岳はこじんまりとした素敵な建物です。さあ、入ってみましょう。


                      1
 

  最初のお部屋は緑が溢れ、春の芽吹きを感じさせます。おや、見慣れない顔ぶれもいくつかありますね。今回は

 よきお隣りさんの新しい仲間も増えいるようです。


                      2  

  次は民芸品のお部屋。これは「イグレグ周辺よきお隣りさん分布図」です。


                     3     

  この地図に対応して、不思議なものが並んでいますよ。でもこれは、直接見てのお楽しみ・・・


                     3    

  次は錬金術のお部屋。今回はこのように三つの部屋から構成されていて、建物自体に雰囲気があるのでとても展示

 がしやすかったそうです。


                     4    

  そして今回の目玉であるギャラリーイベントが4月16日(土)に行なわれます。題して「雪 下の水おと」。

 原 村古楽合唱団でご活躍のソプラノ原謡子さんと、初期鍵盤楽器の杉本周介さ んが演奏してくださることになったの

 です!なんたる贅沢!

  今回の為に、イギリス諸島の伝承曲の中から妖精にまつわる曲を集めていただきました。店主も曲の中に登場する

 妖精について、版画を絡めながらお話しさせていただきます。

  有名なロンドンデリー・エアーという曲は、実は妖精が作った曲だと云われているそうです。ですが私達が耳にする

 歌は近年になってから歌詞が付けられたものなのだとか。そこで店主が妖精の目線からの歌詞を作ってしまいまし

 た!作詞経験のない素人が作った歌詞が、はたしてプロの演奏に耐えうるのでしょうか?そしてこの曲を作った妖精

 さんのお眼鏡にかなうのかどうか・・・。この無謀な試みの行方やいかに?乞うご期待です。


                    ギャ ラリーイベント 「雪下の水おと」 

                  ~ イギリス伝承曲にみる妖精の気配~

                  2016.4 / 16 (Sat) 15:00~ 

                 入 場料500円 予約不要


             このHPの画像と文章の著作権は総て製作者に帰属します。  Naoko Ota

inserted by FC2 system