P I X I E S

   戻る
 

    ピクシー






 イングランド南西部の妖精で、赤い髪に尖った耳、やぶにらみ

の目をしています。人に取り憑いて道に迷わせるといった悪戯が

好き。なぜだか輪を描く癖があり、この円形を「ガリトラップの

罠」といいます。その中に入り込んだ人間はピクシーに捕えら

れ、場合によっては死の危険もあるそうです。

 聖ミカエル祭(9月29日)を過ぎてからブラックベリーが酸っ

ぱくなるのは、ピクシーの仕業ともいわれています。

 昔、夏の夕暮れを散歩していると気になる一本道がありまし 

た。つい魅かれてその道をどんどん歩いていくと、しだいに山の

中の急な登りとなっていきます。もう日暮れ間近なので、うっそ

うとした山道はさらに暗く、引き返せばいいものをなぜだか進ん

でしまいます。すると急に森が開けて一面の墓場にたどりついた

のです。少々不気味で、さすがに長居は無用でした。

 それから十年後に再びあの山道へ行こうとしたのですが、記憶

にある場所にはそんな道はなく、山そのものすらないのです。こ

れは単なる思い違いでしょうか?それとも天狗や狐の仕業なのか

もしれません。そういえば山の中の墓地はやけに円形の広場でし

た。もしかしてピクシーの仕業だったのでしょうか?

          このHPの文章と画像の著作権は総て製作者に帰属します。 Jiro Ota

inserted by FC2 system