サムヒギン・ア・ドゥール







  ○戻る







web拍手 by FC2





















 1

  とうとう寒冷地にも春が来ました。今年はいつもより早くツバメ

 も到来です。工房前の桜も今が満開。

  毎年やって来るキセキレイは給湯器の煙突横の断熱材を巣作りの

 材料にしています。そのコツコツと壁をつつく音が春の訪れを告げ

 ます。堆肥の山は発酵して湯気が出るほどの暖かさ。それを知って

 か、カナヘビが居心地良く暮らしています。
      
  そしてちらほらとアカガエルが出てきたかと思ったら、まだ早い

 のに素っ頓狂に鳴きました。カエルといえば、ウェールズにいると

 いう「サムヒギン・ア・ドゥール」。ヒキガエルのような姿で、

 コウモリのような羽と尻尾を持つ水の妖精です。漁師の釣り竿の

 エサを取ったり、釣り糸を切ったりする悪戯をします。岸に引き上

 げられると金切り声を上げ、その声に驚いて水に落ちた漁師を食べ

 てしまう、というなかなか獰猛な性質です。

  先日季節外れに鳴いたカエルはもしや…。どうか我が工房では他

 のカエルさん達のように、穏やかに過ごして頂きたいものです。

                 

こ のHPの文章と画像の著作権は総て製作者に帰属します。 Jiro Ota

inserted by FC2 system