オリジナル認定証

   戻る



  




















































 HOME 
   

  こんにちは!ピクシーです。今日は珍しいオリジナルデザインのお仕事についてお知らせします。

  卒業証書や認定証といえば、金色の鳳凰が定番ですよね。この度、踊りの先生からご注文がありまして、インスト

 ラクター試験に合格された方々にお渡しする認定証を製作しました。せっかくオリジナルデザインにするのですから、

 その踊りの世界を表現するようなモチーフを散りばめていきます。


                  1

                  
  女神や鳥、花、山、太陽、虹など様々なモチーフが織り込まれています。シンプルに見えますが、これでも版木を

 三枚使った三色刷り。これを一枚一枚手刷りしていきます。

                  2
 

  この赤い印鑑もオリジナル。シンボルの鳥がデザインされています。印鑑の字が全然読めませんねえ。何と書いて

 あるのでしょうか?店主曰く、すんなり読めてしまうより、デザインの一部のように判読しづらい方がカッコイイの

 だとか。確かにこんな印鑑は他にはありませんから、オリジナル度はかなり高いですね。


                      3

  さあ、ホルダーに挟んでみましょう。なかなか本格的ではありませんか!木版画というのは一枚ごとに微妙に違いが

 あるところが面白さ。それぞれの認定証がまさに世界に一つの木版画であるというのがとても贅沢ですね。インストラ

 クターの方々にも大変喜んでいただけたとか。皆さんの門出を祝福するという、とても素敵なお仕事となりました。


                      4


  そして鳥の造形ではピカイチの、ぺこり庵の吉 野剛広さんの東京初作品展についてお知らせします。


                    6


  場所は神楽坂にあるアー トスペースK1です。こちらのギャラリーのパンフレットも吉野さんがデザインされたもの

 です。吉野さんらしいほのぼのとした素敵なパンフレットですね。


                      6  


  今回の作品展はアートスペースK1初の企画展です。お知らせはこちらから。 → アー トスペースK1 FB

  そして会期中のイベントも見逃せません。中世フィドルって楽器をご存知ですか?この古楽器を普及させるべく結成

 された、日 本中世フィドル協会のイメージキャラクターを吉野さんがデザインされています。


                           7

  おー!印鑑と同じ赤い鳥ですね!なんとも味のあるお姿!この珍しい中世フィドルの演奏があるんです!音楽に合わ

 せて吉野さんの作品たちも踊りだしそうですね。


                  中世フィドルプチコンサート

                  演奏:上田美佐子さ ん 他

                  12月11日(日)

                  ①13:00~ ②14:30~ ③16:00~ 各15分ほど

  

                  

                 

                         

             このHPの画像と文章の著作権は総て製作者に帰属します。  Naoko Ota

inserted by FC2 system