雪下の水音 その2

   戻る



  


















































 


































































 HOME 


  こんにちは!ピクシーです。先日発売された「CD&ブックレット雪下の 水音」についてお伝えします。

  2017年7月22日茅野市民館で行なわれたムジカ・ロゼッタコンサート「イタリア恋歌」は大盛況をもって終了

 しました。


                           1


  

  この素敵なコンサートの会場で、手塩にかけて作ったブックレット「雪下の水音」が発売初日を迎えたのでした。



                           2



  ご出演の演奏家の方々のCDに混じって、おずおずと並べさせていただきました。とはいえ今日の花形、ソプラノの

 原謡子さんと、チェンバロの杉本周介さんが作られたCDということで、演奏を聴き終えたお客様も興味深々。発売初

 日は上々の滑り出しとなりました。

  そして8月5日は、北杜市白州町の「市・籠」さんで行なわれた古本市において販売させていただきました。


           3    4


  毎月第一土日に行なわれる古本市の場所はお蔵。レトロなミシンの上に冊子を並べさせて頂きました。納品に伺った

 店主は、冊子の販売のことなどすっかり忘れて、大好きな古本をためつすがめつするのに夢中だったようです。

  


  さて、ただ今「21世 紀の縄文人展」が北杜市考古資料館にて開催中です。版画工房フェンリルも出展5回目となり

 ました。

  今回はイベントにも参加しています。題して「めくるめく縄文幻想絵巻」。2017年8月19日の15時30より

 三人の作家共同制作の巨大絵巻をお披露目します。なんと2m17mという大きさ!同じ三人が創った詩を朗読し

 ながら、絵巻を繰り出していきます。


                          5


  普段は細かい作業に明け暮れる版画制作。たまには大きな作品も楽しいようですよ。これだけの大きさの紙をお客様

 の前で繰り出していくというのは、それだけで大変なことです。果たしてうまくいきますかどうか。乞うご期待!


                6

  

        ← 前へ

                                                                                            次へ→

 

             このHPの画像と文章の著作権は総て製作者に帰属します。  Naoko Ota

inserted by FC2 system