よきお隣りさんの狂宴 タラスク編

 



  戻 る












































































































































 




























  戻 る

   

  こんにちは!ピクシーです。

 今日は清春旅と空想の美術館で行われている、太田二郎版画作品展「よきお隣りさんの狂宴」の主役をご紹介します。

 玄関を入ってまずお出迎えしますのは、チラシにも使われた作品「泉」です。


                              1


  そして、受付から中を見ると、正体不明の自然素材の塊りが!

                         2

  亀と間違われる方が大変多いのですが、実はこれ、今回の為に仕上げた新作版画「タラスク」のオブジェです。


             3    4

  タラスクとは南フランスに伝わる伝説の竜です。その地方では今でもタラスク祭りがあり、やっぱり亀にそっくりな

 竜の山車を町中引き回すのだそうです。というわけで、このオブジェが亀そっくりなのはその為だったのです!すらり

 とした竜を作ろうとして、へしゃげてしまったわけではございませんのであしからず。

  それではこのオブジェは何で出来ているのでしょう?制作過程を逆回しにしてみましょう。


          6   5


  素材はススキの葉を束ねたもので、それをアーチ支柱にくくりつけてあるわけですね。設置から一ヶ月たった今でも

 会場は緑の香りがしています。


                      7


  これは工房の庭で試作を繰り返していた時の写真です。ススキで出来た頭部はまだ青々としていますね。松ぼっくり

 の目と笹の角で、結構愛嬌のある顔をしています。会期の終わる10月の末には、ススキが枯れてすっかり黄色く

 なっているのでしょうか?

  

  さて、いよいよ第2回のギャラリーイベントが近づいて参りました。今回のテーマはこちら。


                         8


  東欧の山姥バーバ・ヤガーです。臼に乗って飛び回る、恐~いお婆さんですが、恐いだけじゃない不思議な魅力を

 岡埜葡萄さんの素敵な朗読と、武藤哲也さんのリコーダー演奏で表現していただきます。題して「スラヴの風」。

 どんな演出になるのでしょうか。またまた楽しみですね!

 


     「よきお隣りさ んのための音楽会」

      第2回 2015年9月17日(木)14:00~ 「スラヴの風 ~東欧の山姥バーバ・ヤガーと共に」

          リコーダー演奏:バルトークの曲を中心に

          朗読:ロシア民話「うるわしのワシリーサ」

      *ご予約の必要はありません。料金 大人2000円 子供800円(入館料込み)  


                     

 



     太田二郎版画作品展 「よきお隣りさんの狂宴」

      場所:清春 旅と空想の美術館    山梨県北 杜市長坂町中丸1543-58

         TEL 0551-32-8188

      開館日時:木・金・土・日・祝  10:00~17:00

      入館料:小中学生300円 大人500円  

   ←前へ                                         つづく


     

             このHPの画像と文章の著作権は総て製作者に帰属します。  Naoko Ota

inserted by FC2 system