精霊たちの休日 潜入レポート その1




   戻 る

























































































































    戻 る

 

                        1


  こんにちは!ピクシーです。「太田二郎版画作品展~精霊たちの休日~」 いよいよ始まりました!

  詳しい展示内容はギャラリーで観てのお楽しみですが、せっかくですからちらっとご覧に入れましょう。

   

                      2


  こうして整然と並べてみると、精霊たちもいつもより澄まし顔をしているような気がします。しかしここまで

 漕ぎ着けるには、いつものごとくあれやこれやの大騒ぎがありました。

  せっかくですので今回は、搬入の日の潜入レポートをお届けしましょう。

  ここ、コロシアム・イン・蓼科は女神湖の湖畔にあります。これからはまさにリゾートシーズン!ここで一か月

 も作品展を開催できるなんて本当にありがたいことであります。



                      3

  
  さて、いよいよ搬入をしにホテルへ行くかと振り向けば、そこには有名な「鍵引き石」が!
 

                      4


  これは「赤沼池の河太郎」という河童伝説の舞台です。最新号の「版画工房フェンリル通信28回」に詳しく書か

 れておりますが、ホテルの側に河童伝説があるなんて嬉しいですね。店主はこれが本物の鍵引き石かと大喜び。

  興奮冷めやらぬ状態でホテルの入口へ着くと、そこにはこんな立て看板が。



                       5


  このエリアは「妖精の小路」というのですね。なんだか出来すぎではありませんか!実はここ、蓼科では毎年

 「蓼科妖精祭り」という行事が行われているようで、妖精とは縁が深い土地柄のようです。この場所で精霊をテーマ

 にした作品展を行うというのも不思議なご縁を感じます。

  さあ、いよいよホテルへ!と思ったらホテルの外観を写真に撮るのを忘れていました!とほほ。搬入の日は頭が

 別のことでいっぱいで、後から写真を撮り忘れたことに気が付く、ということがしばしば起きるのです。

  しかしそこに天の助けが!搬入の日にいらしてくださった小淵沢の白龍さんが、素晴らしい写真と共に、作品展

 を素敵に紹介してくださっていますので、ぜひそちらをご覧ください。


                           → 正しい道を司る  

  潜入レポートは次回へ続きます!

                                                   → 潜入レポート その2
   

  

  
                            このHPの画像と文章の著作権は総て製作者に帰属します。  Naoko Ota


inserted by FC2 system